ペット保険のメリットと、デメリット

ペット保険とは、字面そのままペットが入る保険です。
人間の場合は生命保険医療保険介護保険など多種多様ですが、ペットが入る保険はほぼすべてが医療保険になります。
つまり、ペット保険とは、病院にかかった際の治療費の補助をするものなのです。

ほとんどの場合実費の50%ですが、なかには100%保証する、というものもあります。ペット保険がない場合、ペットの治療費は全額実費であり、大抵は万に届きます。
ペット保険はその金銭的不安を和らげてくれるもの、ということができるでしょう。

ペット保険の利点とは、結局のところそれにつきます。ペットが病気になった場合の治療費補助。
それに伴い、ペットを病院につれていくことに逡巡しなくてもいい、という心理的利点もあります。

更に、ペットが他人に怪我をさせたり他人の物を壊してしまったときに弁償する賠償保険特約をつけることのできる保険もあり、それが一層の安心に繋がっています。

一方でこの保険は営利企業による営利を目的とした商業活動であるため、病院にかからず、他人に迷惑をかけずとも毎月必ず保険料がかかります。
また、保険料を支払っていても治療費がただになるわけではありません。保険料は高額になりますが、なかには100%保証の保険もあります。保険を選ぶ際には、月々の負担を考えて加入する必要があります。心の安心をとるか、保険料を重く見るか。

ペット保険はペットのことを第一に考え、前者の方を重しと考える方には最適の保険です。

PAGETOP